• HOME  >
  • ウィリアム・モリスゆかりの地をめぐるツアー

【行き先が選べる】ウィリアム・モリスゆかりの地をめぐるロンドン発着ツアー<1日 or 2日間>

体験談を読む(全1件)
    パワースポットツアーパワースポットツアー
    • 送迎付き

    個人では行きずらいウィリアム・モリスゆかり地をめぐる、ロンドン発着ツアー!
    ウィリアム・モリスゆかりの地を2日間にわたり6カ所へ訪れます。1日間のご利用の場合は、リストから2~3ヵ所選んで訪れることもできる、自由自在のオーダーメイドツアーです。
    訪れるリストは、ウィリアム・モリスの邸宅「レッド・ハウス」と「ケルムスコット・マナー」、そしてモリスが愛した「バイブリー」と「ブロードウェイ・タワー」、モリス商会がデザインを手がけた「スタンデン」と「ワイトウィック・マナー」と全6ヵ所。すべてロンドン発着、日帰りで訪れることができます。
    ウィリアム・モリスのファンなら訪れてみたい「ゆかりの地」めぐりの旅に出かけてみませんか?

レッド・ハウス Red House

レッド・ハウス Red House

レッド・ハウス Red House

1859年にウィリアム・モリスの自宅兼オフィスとして、仲間たちと建築設計・デザインして建てたレッド・ハウス。ロンドン郊外に建つこの家は、モリスが愛した草花や果樹に囲まれてひっそりと佇んでます。モリスらがデザインした各部屋では、丁寧な手仕事から生まれる上質なインテリアデザインの魅力を余すことなく堪能することができるでしょう。
オープン期間:3月~10月(月曜日と火曜日はクローズ)

レッド・ハウス Red House

ケルムスコット・マナー Kelmscott Manor

ケルムスコット・マナー Kelmscott Manor

ケルムスコット・マナー Kelmscott Manor

ウィリアム・モリスが1871年から家族と画家ロセッティと移り住んだ、モリスお気に入りの邸宅ケルムスコット・マナー。日常の忙しさを忘れさせてくれる、自然豊かで穏やかな風景が広がるこの地を「地上の楽園」とモリスは呼んでいました。館内のインテリアはもちろん、やわらかな風を感じながらフットパスになっているテムズ川沿いを歩けば、折々の植物が陽光に輝く様子が、作家としてのモリスが描いた「地上の楽園」を感じることができるでしょう。
オープン期間:4月~10月の水曜日と土曜日のみ

ケルムスコット・マナー Kelmscott Manor

ブロードウェイ・タワー Broadway Tower

ブロードウェイ・タワー Broadway Tower

ブロードウェイ・タワー Broadway Tower

コッツウォルズ地方にあるブロードウェイ・タワーは、1798年に建築家ジェームズ・ワイアットによって建てられました。タワーの屋上からは雄大なコッツウォルズの田園風景が望める、抜群のビュースポットです。ウィリアム・モリスもここで休日を過ごしたと言われています。塔内には、ウィリアム・モリス関連資料が展示され、さらにモリス&ブラウン・カフェやギフト・ショップもあり、食事やモリス雑貨のショッピングも楽しめます。
オープン期間:年中無休(12月25日はクローズ)

ブロードウェイ・タワー Broadway Tower

バイブリー Bibury

バイブリー Bibury

バイブリー Bibury

ウィリアム・モリスが「英国で最も美しい村」と称賛したバイブリー。 14世紀に建てられた石造りのコテージが並ぶアーリントン・ローは、今やコッツウォルズを代表する景色となっています。そしてバイブリーの中心を流れる、澄み切ったコルン川。透明度の高い清純なこの川では、野生の鴨や白鳥が水浴びをしたり、マスが群れを成して泳いでいます。 バイブリーはこのコルン川に沿った小さな村で、1650年創業の歴史あるスワン・ホテルとマスの養殖場、小さな数軒のお店と郵便局があるのみ。モリスが愛した村の姿を今なお見ることができます。

バイブリー Bibury

スタンデン Standen

スタンデン Standen

スタンデン Standen

モリス商会が設計・デザインを手がけた邸宅スタンデン。設計はウィリアム・モリスの片腕とも言うべき建築家のフィリップ・ウェッブ、テキスタイル(壁紙・カーテン)はすべてウィリアム・モリスの手によるものです。この2人の名匠によるオリジナル作品が最も良い状態で数多く保存されている場所と言われています。
オープン期間:年中無休(12月24日と25日はクローズ)

スタンデン Standen

ワイトウィックマナー Wightwick Manor

ワイトウィックマナー Wightwick Manor

ワイトウィック・マナー Wightwick Manor

ウィリアム・モリスが推進したアーツ&クラフツ運動のデザイナーたちによって、ステンドグラスや漆喰彫刻など細部にわたってコーディネートされているワイトウィック・マナー。 モリスの壁紙やテキスタイルをふんだんに取り入れた邸宅内は必見です。
※ 邸宅内の見学は要ツアー参加
オープン期間:火曜日を除き年中無休(12月25日と26日はクローズ)

ワイトウィックマナー Wightwick Manor

    ツアー情報

    ウィリアムモリスの旅
  • ツアー代金に含まれるもの
  • ・日本人ドライバー
    ・専用車
    ・サービス料金

  • ツアー代金に含まれないもの
  • ・各施設の入場料金
    ・駐車場代金
    ・飲食代金

  • 備考
  • ・お子様が参加される場合は、体のサイズにあったチャイルドシートの使用が必要となります。
    ・各地での入場料は別途現地にてお支払いいただきます。
    ・道路状況及び気象状況などにより、到着遅延が生じる場合があります。
    ・出発時間や滞在時間のアレンジは可能ですが、大幅な行程やルート変更の場合は別料金となる可能性があります。
    ・各施設の都合により閉館する場合がございます。その場合、ご予約の際に担当者がご連絡致します。あらかじめご承知ください。

  • キャンセルポリシー
  • ご利用日3日前まで・・・0%
    ご利用日2日前まで・・・50%
    ご利用日前日以降・・・・100%

ツアーお申込み

1日あたりの料金 / 専用車1台(最大4名乗車)

  • 10時間コース
  • ロンドン市内ホテル送迎

    10月~02月ご利用

    350ポンド / 約50,000円
    ※ 料金 ÷ 人数 = 1人あたりのツアー料金
    ※ お支払いは当日。申込時点では料金は発生致しません

    03月~09月ご利用

    420ポンド / 約60,000円
    ※ 料金 ÷ 人数 = 1人あたりのツアー料金
    ※ 申込時点では料金は発生致しません